とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

カテゴリ: サルバトールモニター

サルバトールモニター「あら、アルダブラゾウガメの奥さま」
サルバトールモニター、呼び掛け


サルバトールモニター「お好きなお野菜ばかり召し上がるのもよくないってこの前テレビで見たのよ」
サルバトールモニター、お説教


サルバトールモニター「ほら、お魚とかコオロギとかバランスよくいただいてる私はこんなに体調がいいの」
サルバトールモニター、自慢


アルダブラゾウガメ「ムシャムシャ」
アルダブラゾウガメ、無視

サルバトールモニター「……」

グー
アルダブラゾウガメ、グー



グー
サルバトールモニター、グー

アルダブラゾウガメのサークルの中でサルバトールモニターが寝ています
アルダブラゾウガメのサークルの中でサルバトールモニターが寝ています

キョロッ
サルバトールモニター、キョロっ

アルダブラゾウガメとサルバトールモニター、二人で楽しくバスキング
アルダブラゾウガメとサルバトールモニター、二人で楽しくバスキング

フー
サルバトールモニター、フー


アルダブラゾウガメ「ねえ、最近鈴木さんのところ息子さんが補導されたんですって」
アルダブラゾウガメの内緒話

サルバトールモニター「ここだけの話、ご主人もお家出られたんですって」
サルバトールモニターの内緒話

サルバトールモニター「ところで、さっきからあの人いやらしい目でこっち見てると思わない?」
サルバトールモニターの台詞

オバケトカゲモドキのオスです。
オバケトカゲモドキのオス、卍寝です


一方、オバケトカゲモドキのメスです。
オバケトカゲモドキのメス、卍寝です


前から思っていたのですが、
爬虫類の寛ぎ姿はすべて卍(まんじ)寝に
収束する気がします。

ダイヤモンドバックテラピンもです。
ダイヤモンドバックテラピン、卍寝です


サルバトールモニターもです。
サルバトールモニター、卍寝です


生体の写真を一眼レフできれいに撮ろうとすると、
シャッターチャンスの問題から
なかなか難しいことがわかってきました。

一眼レフを出してごそごそしている間に、
シャッターチャンスを逃してしまいます。

結局今回もスマホ写真になってしまいました。

朝、アルビノサルバトールモニター、
姫が静かに眠っていました。
老衰でした。
昨日までは楽しそうに過ごしていました。

ブログをご覧くださっている皆様、
そして姫に心から感謝しています。

キョロキョロ
アルビノサルバトールモニター、キョロキョロ

あっ、プールだ
アルビノサルバトールモニター、プールだ

アガー
アルビノサルバトールモニター、アガー

グー
アルビノサルバトールモニター、グー

お風呂大好き
アルビノサルバトールモニター、お風呂大好き

のてっ
アルビノサルバトールモニター、のてっ

壁にめりこんでいます
アルビノサルバトールモニター、壁にめりこんでいます

考え事中です
アルビノサルバトールモニター、考え事中です

おやすみなさい
アルビノサルバトールモニター、おやすみなさい4

私がしばらくブログを更新していなかった時期に、
出来事がありました。

サルバトールモニターのノーマルタイプが無精卵を産んだのです。

今まで、顔から判断した性別で勝手に「王子」と呼んでいましたが、
実はメスだったのです。

これで、サルバトールモニターたちはアルビノ姫とノーマル姫で、
姫君二人になりました。

そういう眼差しで見ると、確かに穏やかな性質は
性別に由来しているのかもしれません。

グー
サルバトールモニターノーマルタイプ、グー


何ですか
サルバトールモニターノーマルタイプ、ウー


ベロベロ
サルバトールモニターノーマルタイプ、ベロベロ


ナデナデ
サルバトールモニターノーマルタイプ、ナデナデ

ノーマルのタイプのサルバトールモニターの室内での放し飼いを始めました。

放し飼いを始めた理由としては、
1番はケージ内で退屈するとガラスの壁面に顔を擦りつけてしまい
吻端が傷みやすくなってしまうためケージから出してやりたかったことです。

2番目はかなりサイズが大きくなってきて、
ちょっとした気候変動などにも対応できるだけの予備力が増したことです。

3番目は放し飼いで人とトカゲの距離は縮まるという理由です。 

無論、トカゲの性質や個体差、家庭の事情があるので
一概にトカゲは放し飼いに適しているというわけではありません。

私の家は部屋そのものをしっかり加温、施錠しているので
アルビノのサルバトール姫が元気に暮らしていることも鑑みて、
ノーマルタイプも放し飼いを始めました。

床暖房は、お腹の冷えに弱いサルバトールモニター のために使用しており、
部屋の加温は主にこれで行っています。 
室内温度は28℃から30℃でほぼ一定に保たれています。

また、季節に関係なく豚暖は常にオン、
パワーサンのバスキングライトも日中は付けています。

我が家の生体の性質としては、性質が穏やかであること、
排泄を水の中で行うことが放し飼いに適していると判断しました。

実際放し飼いにしてみると、ガラスの壁面に顔を擦りつけるような行動はなくなり、
私のお腹の上でうたた寝するなどの素敵な行動が見られるようになりました。

排泄に関しても、短時間だけ室内に出していた時と同様、
水入れの大きな衣装ケースの中で用を足してくれています。

今後も、生体の状態や室内の環境に注意して見ていくことにします。 

エメラルドツリーボアのケージの上がお気に入りです。

サルバトールモニター、放し飼いです

 

このページのトップヘ