とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

カテゴリ: アムールラットスネーク

昨日のパシフィックグランドボアの脱皮に続き、
アムールラットスネークが脱皮しました。

脱皮徴候を見逃していてしまったので、
脱皮前後の比較はできませんが、
現在鱗はピカピカです。

2014年10月

家に迎えた直後の画像です
2014年10月のアムールラットスネークです
 
本日2015年3月17日

本日の 画像です
2015年3月17日のアムールラットスネークです
成長に伴い太さが出てきて迫力も増してくると文献で読みました。

確かにこれは「硬い」印象を与える鱗の質感と、
「硬い」印象を与える漆黒さと、
ナミヘビらしい「硬い」印象の全体のしなが
迫力を出しています。

目は以前は可愛い印象だと思っていましたが、
全体の迫力に引っ張られてなのか
するどい印象に変わってきていると感じます。
アムールラットスネークの鋭い眼差しです

 

久しぶりにアムールラットスネークを撮影してみました。

全体はこんな感じです。
食べているのはホッパーです。
だいぶ大きくなりました。
アムールラットスネーク、食餌中

顔はこんな感じです。
相変わらずベーレンパイソンのような顔です。
アムールラットスネークの顔です

 頭部、体幹のエナメル感が美しいと思います。
アムールラットスネークはエナメル感が美しいです

体幹の模様をじっと見ているうちに、あることに気づきました。

これ(サキシママダラ)や 
サキシママダラの模様です
 
これ(アカマタ)に
アカマタの模様です

これ(アムールラットスネーク)は
アムールラットスネークの模様です
側腹部の模様が似ている・・・! 

色のグラデーションこそありませんが、
近縁種でもない種がこれだけ似ている模様を示していることが興味深いです。 

シュウダが家にきてから数週間が経ちました。

最近知ったのですが、タイリクシュウダ、ヨナグニシュウダのほかに
タイワンシュウダなる亜種も存在するようです。

台湾は野生動物の輸出入には大変厳しく、
出回るのは極稀なようです。

シュウダはアルビノやハイポメラニスティックが出回っているようですが、
黒と黄色に執着する私にとっては、「あの色がいいのに・・・!」と思ってしまいます。

色が曖昧だったり薄かったりすると
せっかくの鱗のキールの格好よさも半減するような気がしてしまいます。 

やっぱりシュウダは黒と黄色でメリハリのあるタイリクシュウダ原種がよいです。

こっち見んな
メリハリのあるタイリクシュウダ

他に、我が家にはアムールラットスネークもいます。
模様が激似のため「パチモンベーレン」と世の中では揶揄されたりするようですが、
ベーレンパイソンより手がかからず圧倒的によいです。

ベーレンパイソンは高山域に生息するため、
・基本温度は25℃程度にする
・35℃程度のバスキングスポットを作る
・紫外線要求量が多い
など、トカゲ並みかそれ以上の要求をしてきます。

まず、基本温度が25℃というのが飼育部屋(居間)では困難です。
飼育部屋の基本温度は28℃です。

紫外線要求量が多いと、紫外線ライトを点けている時間が必要になってきます。
ライトが点いていると精神的に落ち着きません。
今部屋に満ちている静謐とは相容れない気がします。 

アムールラットスネークは、神経質でもなく、毎回コンスタントに餌を食べ、 
本当に手がかからずに飼育が楽しめます。

ベロベロベー
飼いやすいアムールラットスネーク


他に、フミキリヘビことタイガーラットスネークなどもいて、
大変格好良くていいな・・・と思うのですが、
大きくなるナミヘビはなぜか神経質な種が多い気がします。

出会えればぜひ欲しい種ではあるのですが、
残念ながらかなり輸入が稀になってしまっているようです。

あとは、だいぶ色が褐色になってきましたが、
キイロアナコンダもやはり黒色黄色で美しいです。

多分寝てます
美しきキイロアナコンダ

また、いつかはミナミマダラ(タイワンマダラ)も飼育してみたいです。
あるショップでミナミマダラが在庫として紹介されていましたが、
国内に数例しか輸入歴がないヘビだということでしたので、
私のようなマダラヘビ初心者が飼うヘビではないなと断念しました。

あとは、ヘビではありませんがこの人も脱皮直後はハイイエローになって綺麗です。 

大いに寝てます
サルバトールモニター、脱皮したら綺麗になります
 

先日、シュウダを購入した際に同じく黄色と黒色のイカしたナミヘビを紹介していただいたので、
その生体も連れて帰ってきました。

正直、ナミヘビはあまりに今まで不勉強だったので、
コーンスネークとトウブシシバナヘビ、ガーターヘビぐらいしか見た目の違いがわかりません。 
ラットスネークの名前も聞いたことはありますが、
他のナミヘビ群とどう違うのかわかりません。 

文献のナミヘビ写真を見ても、本当にどれがどう違うのか全くよくわかりません。
今後、勉強が必要でしょう。

アムールラットスネークはハンドリングなども可能ということで、
餌付きの確認、給餌後の安静期も十分取ったうえで
今日早速ハンドリングしてみました。

今までハンドリング担当だったジャングルカーペットパイソンやボールパイソンに
新しいメンバーが加わるはずです。

が、ボア・パイソンのハンドリングとは全く異質でした。
お店では短時間のハンドリングということもあって気づきませんでしたが、 
とにかくウネウネと素早く動き回り、写真を撮るのも困難です。

ゆったりとした気分でヘビの手触りや弾力を楽しむという感じではありませんでした。

それでもぜひ顔のアップなども撮りたくて、
スマホとアムールラットスネークをそれぞれ左右の手に持って
頑張って撮影しました。

これが全体像です。
こちらは通常のカメラで撮りました。

長さは1m弱というところです。
これから50cm程度大きくなりそうです。
成長して太さが出てくるとなかなかの迫力になるそうですから、
楽しみです。
アムールラットスネーク、全体像です
 
ここからはスマホでの渾身の撮影です。

横顔です。
ちょっとベーレンパイソンに似ています。
アムールラットスネーク、横顔
 
腹側です。
変則的なチェッカー模様が美しいです。
アムールラットスネーク、腹側

脱皮前のパプアンパイソンです。
いつもは丸い顔に大きな目が可愛いのですが、
白目になると一気に怪しい感じになります。
パプアンパイソン、脱皮前

 

このページのトップヘ