とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

カテゴリ: セントラルパイソン

以前からいる、セントラルパイソンを迎えてから約7か月が経過しました。

2014年11月2日
セントラルパイソン、顔です
赤くなるよ!!と言われて迎えた生体です。
ここから赤くなっていくのか・・・!と胸が躍りました。

2015年2月15日
(あんまり赤くならないなあ)と思いつつ半年弱が経過したところです。
 2015年2月25日、セントラルパイソンです

2015年6月8日現在
フゴフゴ噴気音をあげていました。
寝込みを襲われたからかもしれません。
 
が、色は明らかに変化し始めました。 
 2015年6月8日、セントラルパイソンです
(プラスチックケースの蓋を開けたら猛然とダッシュしそうでしたので、
プラスチックケースをひっくり返して写真を撮りました。)
頭部の色が抜けてきています。

赤銅色に近い色に少しずつ成長してきているのかもしれません。
今後に期待です。 

昨日、新しいヘビたちが家に加わりました。
順にご紹介させていただこうと思います。

セントラルパイソンは赤いモレリアで美しく、人気です。

そして、以前から家にセントラルパイソンはいましたが、
今回店頭で目を惹いたのは色の薄さです。

以前よりいる、セントラルパイソンの導入直後の写真と比べてみます。

2014年11月2日です
セントラルパイソン、全体像です
 だいぶこっくりした茶色をしています。

セントラルパイソン、顔です
 頭部から体幹上部にかけては比較的色が薄いですが、
それでもやはりこっくりした色の印象です。

セントラルパイソンの最近の様子です。
2015年4月18日
2015年4月18日、セントラルパイソンです
頭部を中心に少し赤みが出てきたようにも思うのですが、
まだ堂々とご紹介できる感じではありません。

今回新たに迎えたセントラルパイソンです。
2015年5月3日
新たなセントラルパイソンです
この写真だとお伝えしづらいのですが、
全体的に色味が薄く、ほぼ「ハイポ」と言ってもよいくらいのあっさり感です。

最初の方の生体は赤黒いという印象ですが、
新しい生体はココアのような色です。

この生体が成長した時にどこまで赤くなるのか、
そもそもどんな色になるのか、非常に興味を惹かれましたので
家へ迎えることにしました。 

野生下同様の紫外線によって発色がよくなるという話もありますので、
2匹の成長を楽しく見守りつつ
発色がよくなる因子も少し探ってみたいと思います。

店員さんに、
「二年後には劇的に変わっているよ。
ぜひ日々の写真を残しておくといいよ。」と言われ、
購入したセントラルパイソンです。 

2014年11月2日


2014年11月2日、セントラルパイソン1
 
2014年11月2日、セントラルパイソン2
「セントラルパイソンの純血の証」と言われたつるつるもちもち感もあり、
期待で胸が膨らみます。

2015年4月18日、本日

餌食いもコンスタントで、あっと言う間に大きくなりました。
2015年2月18日、セントラルパイソン1

首の後ろ~体幹上部辺りが少し色が抜けてきている気がするのですが、
どうでしょう。
2015年4月18日、セントラルパイソン2
 
気長に成長を待ちます。

ええと、セントラルパイソンが脱皮しました。
脱皮前の徴候を見落とし、気付いたら今日脱皮していました。

成長と共に美しい赤を発色するセントラルパイソン、
どんな変化を見せてきたでしょうか。

2014年11月2日

家に迎えて数日経過したところです。
2014年11月2日のセントラルパイソンです
 
2015年3月23日

本日です
2015年3月23日のセントラルパイソンです
 
一応脱皮直後なのでこれが現時点での一番はっきりした色調のはずです。
が、えーと、この半年はサイズが大きくなった以外まだ変化を実感できていません。
が、これから赤くなると祈っています。 

他にも目が白濁してきて脱皮前カウントダウンに入っている個体が複数います。
春の兆し(あるいは乾季から雨季への変化)を本能的に感じたとき、
脱皮に至りやすくなるんでしょうか? 

もし何かお考えのある方、自分のところもそうだという方、
コメントをいただければ幸いです。 

ここ一週間サルバトールモニターのアルビノが体調が悪いことは
記事でお伝えさせていただいてきました。

排泄がないこと、拒食であることを除けば
比較的通常通りの様子です。

が、心配なものは心配です。

しかし、私の家には他にも生体たちがいますので、
しょんぼりして彼らの世話が不十分になることは避けなくてはいけません。

話を変えて、「ジワジワ紅くなる」というセントラルパイソンの経時的色調変化を
見てみようと思います。 

2014年11月2日
2014年11月2日、セントラルパイソンです
 
2015年2月25日、現在
 2015年2月25日、セントラルパイソンです

・・・残念ながら、まだ明確な変化を感じられる様子ではありません。

ところで、部屋の床を人工芝から犬猫用で洗えるパネル式カーペットへ変えました。
人工芝は思いのほかメンテナンスがしづらかったことと、
人工芝それ自体からゴミが発生するという問題点があったためです。



広告の色よりヘビの背景として映っている色調の方が近いです。

黄緑のカーペットは部屋全体を明るくしてくれますし、
写真の背景としても自然な印象で気に入りました。 
何となく緑の草原でごろごろしている気分になります。 

「昨年はたくさんの応援をありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。」

ニコニコ
サルバトールモニター、アルビノ姫ご挨拶
 

そういえば、「期待を裏切らない、ぜひ定期的に写真を撮っておいた方がよい」
とお勧めされたセントラルパイソンはどうなっているでしょうか。
(というよりもはや毎日観察シリーズがポシャってしまいました。。。)

2014年11月2日

 2014年11月2日のセントラルパイソン

2015年1月3日
2015年1月3日のセントラルパイソン
 
確かに、頭部~体幹頭側の部分は少し茶色味が減ってきているようです。
「赤くなりつつある」というより、「色が薄くなってきている」という印象です。

今後に期待します。 

脱皮直後の艶やかな美しさはもちろん好きなのですが、
脱皮前の目が白濁した妖怪じみた顔も好きで、
脱皮前の生体を発見すると必ずシャッターを切ります。

今日の犠牲者はセントラルパイソンです
目の白濁したセントラルパイソン
 
今日は、目の白濁していないアナコンダに解凍ウサギを拒否されました。
明日ぐらいには目が白濁するんじゃないかと・・・!

ナンダが何も起こらず、なかなか記事にならないので、
凛凛しい写真を1枚載せます。
巨大種ナンダ

 「トカゲです」と言われても誰も疑わない顔です。
この顔のまま、3mを優に超えます。
記録では4m以上が残っているそうで、
「巨大種ナンダ」とまで言われているようです。 

最近は、純血が保たれているカーペットパイソンが少ないらしいです。
高価なカーペットパイソンと安価なカーペットパイソンを掛け合わせて、
高価なカーペットパイソンぽく出てきた個体をその名前で流通させる。

こういったことがまかり通っているようです。

中でも、ジャガーカーペットパイソンとの掛け合わせは、
半分はジャガーカーペットパイソンの見た目、
半分はもう片親の見た目を持って産まれてきます。

もう片親の見た目を持って生まれてきた仔を「シブリング」と呼びます。

が、ジャガーカーペットパイソンは共優性遺伝ですから、
もう片親の見た目を持って生まれてきた仔にも
ジャガーカーペットパイソンぽさはうっすら出ます。

成長と共にそれは顕著になってくる場合が多いのですが、 
幼体のうちはそれがわかりにくい。

で、純血のセントラルパイソンの幼体と
ジャガーカーペットパイソンとのシブリング幼体、
これらを見分ける最大のポイントは「肌の質感」だそうです。

以上、店員さんからの受け売りですけれども、
確かにその渡された個体は肌触りがもちもちしていて 
家にいるカーペットパイソンのざらざらした手触りとは全く異なりました。

これがセントラルパイソンの純血種の特徴だ、とのことでした。

赤茶けたアリススプリングの崖に佇む伝説の赤いセントラルパイソンの純血種・・・!
顔もモレリアらしい独特の精悍な顔立ちです。

購入となりました。

「成長と共に赤味が増してくるから、写真を撮って記録に残しておくと楽しいですよ」
とのことでしたので、
これから記事毎に出来る限り「その日の」セントラルパイソンを載せていこうと思います。

「成長後がとても楽しみなので、ぜひ成長してきたところで僕にも写真見せてくださいね。
絶対綺麗な個体に育ちますから。」
とまで言っていただきました。

 落ち着いて給餌も安定してきたところですので、
ご紹介いたしました。

本日のセントラルパイソンです。
今日は給餌してしまったので、プラスチックケージの中の様子をちんまり撮りました。

セントラルパイソン、全体像です
 
セントラルパイソン、顔です
 
餌喰いもよく、非常に今後が楽しみであります。

そして、色変化といえば、グリーンパイソンは・・・まだ黄色です。
これからです。
グリーンパイソンベビーはまだ黄色です
脱皮不全の跡がややあります。
ここから霧吹きの回数を増やしました。

次の脱皮でまた失敗するようであれば
人為的にぬるま湯剥きすると共に、更に霧吹きの回数を増やそうと思います。
樹上性のヘビは自分で水入れに浸かるということをしないので、
綺麗に脱皮させるのがなかなか難しいと感じます。

体躯そのものは段々大きくなってきました。 

このページのトップヘ