とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

カテゴリ: ダイヤモンドカーペットパイソン

先日、脱皮前の写真を挙げさせていただいた、
ダイヤモンドカーペットパイソンが脱皮しました。

脱皮前です
ダイヤモンドカーペットパイソン、2回目の脱皮が近いようです

本日、脱皮後です
ダイヤモンドカーペットパイソンの脱皮後です

脱皮前と比べると、黒の密度はさほど変わりませんが
若干フラワーの黄色味が出てきてしまいましたかね・・・?

が、まだまだベビーサイズです。
今後の色変化に期待します。 

うれしいことに、ヤング個体のダイヤモンドカーペットパイソンが
家に来てから2回目の脱皮が近いようです。

ダイヤモンドカーペットパイソン、2回目の脱皮が近いようです
全体的にみっちりした印象の黒が綺麗です。
黄色味もさほど目立ちません。

上半身です。
ダイヤモンドカーペットパイソン、上半身です
黒のくっきり感がより目立ちます。

フラワーの部分も程よく散らばっており、
ますます黒が密になり、黄色味は薄くなっていくのではないかと。
大きく、美しく育つよう今後に期待します・・・!

ベロベロベー
ダイヤモンドカーペットパイソン、ベロベロベー
 

つい先日2015年5月7日の記事にしたばかりなのですが、
ダイヤモンドカーペットパイソンの写真を改めて載せます。

というのも、記事にした翌日脱皮したからです・・・。

何なの
ダイヤモンドカーペットパイソン、何なの

しつこいわよ
ダイヤモンドカーペットパイソン、しつこいわよ
 
ダイヤモンドカーペットパイソン選びの極意は、
ベビーならなるたけ汚い個体を選べ、だそうです。
確かに、黒面積が多いときたなっぽく見えるのでしょうね。  

頭部がかなりごつくなるようなので、
色や模様だけでなく、フォルムも楽しみです。 

ダイヤモンドカーペットパイソン、
それは一昔前までほとんど手の届かない価格帯にあり、
皆の垂涎の的でした。

が、最近になりCB化の技術も確立されたものとなって、
ボールパイソンの上位モルフより値段が抑えられるほどになってきました。

私自身、ダイヤモンドカーペットパイソンは気になる存在でしたが、
(地色の黄色が目立つ個体が多いし、何かごちゃごちゃとした印象を受ける)と思い、
あまり真剣に見ていませんでした。

それが偶然、モノトーンがメインで黄色のほとんど目立たない地紋と
フラワー(ダイヤモンドカーペットパイソンの全体に散る白いスポットです)が
美しい個体に出会い、一気に意識の中に上ってきました。

店舗のHPで見かけた個体をお取り置きをお願いしました。

数日後迎えに行くと、店長さんから
「あの後も何人もこの生体見てすごくうらやましがっていたよ。
これは綺麗になるよ。 」
とのお言葉をかけていただきながら連れて帰りました。

特に地紋が黄色要素が少なく、モノトーンでみっちり埋まっていることが、
かつて皆を唸らせたダイヤモンドカーペットパイソンの本来の美しい姿だ、
と言われました。 

確かに、体幹の上部は黄色が入り込む余地なく、
モノトーンの印象です。
ダイヤモンドカーペットパイソン、モノトーンの印象です

フラワー(小花柄)も綺麗に並んでスッキリしています。
ダイヤモンドカーペットパイソン、フラワーも綺麗です

実際の個体に会った時、
今までのダイヤモンドカーペットパイソンに対する
(模様ごちゃごちゃ、やけに黄色い)という偏見は
一瞬で払拭されました。

地紋のみっちりとしたモノトーンの色合いが、
全体をすっきり見せているように思います。

美しいパイソンです。

現在、餌食いもよく、ハンドリングも可能です。
将来が楽しみです。 

このページのトップヘ